FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いやりのあるセックス 134 ~仲直り~



久しぶりのデートでした。




こういう関係の場合、会わない時間が長く続くと、

不安や心配で、憶測が先行してしまいがちです。




好きなのか?
必要なのか?

自分を客観視して、

どうしたいのか?
ありたい関係の時間軸において、
自分が今、どこにいるのかを把握しないと、間違った判断をしてしまいます。




いずれにしても、こんな時に大切なのは、

メールや電話ではなく、

僅かな時間でも、直接会って話す「リアルコミュニケーション」だと思います。







話し変わって…

仲直りした後って、燃え上がりますよね

今日は彼女は、生理直前、「突いて~」って言わんばかりのM期でした。



実際に「突いて~」とリクエストされた訳ではないのですが、

そうして欲しいのが解っていましたので、

1st Round は、責めに徹しました。


裸にするなり、シャワーを浴びる前のオマンコを、ベロベロしゃぶってから、
頃合いを見計らって、正常位で挿入…。

ゆっくりなのは初めの数分だけでした。


「あぁ、これ、凄い~

彼女が既に高まっているのが、確認できたので、

ペースを上げてピストンしました。

カリの段差が、彼女の膣壁を引っ掻く度に、

喘ぎがエスカレートし、
が吹き出し、
もどんどん溢れ出してきました。

ストロークする度に、結合部がピチャッピチャッっと、淫猥な音を立てています。

私は上体を起こし、角度を変え、Gスポットを擦り上げるようにしてみたり、

また、ぎゅう~っと抱き締めたまま、
密着を意識したラブラブピストンをしてみたり、

わざと身体を離して、挿入部だけを意識させるように、少し残酷にハードピストンしてみたり…



私が変化する度に、彼女の反応がエスカレートして、

全身が痙攣し始め、呼吸がキツそうになってきました。




私は、一旦引き抜き、
体位をバックに変えました。

更に容赦無く突いてあげたかったのです



ポルチオのゴリゴリが、突く度に鮮明に伝わって来ました。

彼女はベッドに突っ伏し、叫びながら、シーツを握りしめ、

強烈な快感を乗り越えようとしていました。



そのうち、彼女が、両手の平を上げて、



マッタ
参った
とも取れるアピール…


私は、竿を引き抜き、しばしクールダウンしました。




彼女は暫く突っ伏したまま…
汗が全身から吹き出し、呼吸はまだ荒いまま…

私はミネラルウォーターを彼女に飲ませてあげました

脱水症状になったら困りますからね






シャワーを浴びました。

いつも彼女が、私にしてくれている事を、彼女にしてあげました。

全身を洗ってあげて、
肩や腰をマッサージしてあげました


ついでに立ちバックでまた挿入もしましたけど…(笑)




風呂から上がり、汗が引いた後、
2nd Round の開始です。



彼女がローション・フェラで私を高めてくれました。

特に、右のタマをパックン頬張りしゃぶられながら、竿をシゴかれるのが、
とても気持ち良かったです




69を促しました。

ここでも私は、下から執拗に責めました

上唇でオマンコをグリグリしながら、舌て栗をレロレロ

いつの間にか、形勢が逆転し、
彼女が悶え苦しむように…



一気に責め立てると、

「あぁ、イキそう…


高まる彼女を、そのまま高みへ導いてあげました







何度かビクン、ビクンっと身体が痙攣するなり、

69から彼女を降ろし、直ぐに、正常位へ導きました。



~つづく~




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

Secret

プロフィール

山形

Author:山形
形式にとらわれない
制約を出来るだけ排除し
私と彼女だけの
ラブラブで、強烈にエロエロで、
でもなぜか心暖まる…。


そんな「エログ」にしたいと思い、
Wを飛び出しました。


2人だけの世界を、
力を合わせて作り上げて参ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。